大学で借りた本とか、また授業の講義ファイルなんかは全てPDFにしてiPadで見るようにしています。iPadに入れるいいところは、何冊持ち歩いても重くないということにつきます。また、英語の論文などを読むときには辞書もついているので非常に便利です。

最近発見したのですが、OneDriveやGoogleDriveに入れておいたPDFはオフライン化することができ、また、他のアプリで読むことができることです。
PDFはを読むのにi文庫HDというアプリを随分前に買ってそのまま使っているのですが、他のデフォルトで入っているPDFリーダはちょっと貧弱なので、アプリを利用するようにしています。

OneDriveなどにPDFを入れておくと、WifiにiPadをつなげてダウンロードしてそのままデフォルトのPDFリーダで読むことができます。また、OneDriveなどの設定でファイルごとにオフライン化し、他のアプリで開くを選べばi文庫HDにそのままコピーされます。

iOSはアプリごとに管理領域を持っていてそこにコピーしておかないと開くことができません。Androidの場合にはどこかのディレクトリに入れておけば、全アプリ共通でそのファイルにアクセスできるのですが、iOSの場合にはそのあたりのセキュリティがきついみたいです。

今までは、iTunesを繋いでi文庫HDにコピーしていたのですが、これからはそういうことをする必要もなく、GoogleDriveにPC側でPDFを入れて、その後iPadでダウンロード、そのままi文庫HDで読むという非常に便利な事ができることを発見して依頼非常に重宝しています。

因みに、大学で借りた本はコピー機でPDF化します。あまりちゃんと読んでいない本もあるのですが、PDF化しておけば後で見ることができます。

というわけでiPadは手放せない存在になってきました

By utsubo