資格をとると資格によってはその資格を持っている人専用の会から入会以来がきたりします。

技術士ですと日本技術士会からの案内がきます。1次試験、2次試験、どちらに合格しても案内がきます。
ここで、入会するかどうかは本人次第ですが、まあ費用もかかるし入会しない人も結構いたりします。しかし、ここは入会することを是非お勧めします。

入会すれば、同じ資格を持っている人と交流が持てます。すなわち、自分と同じレベル以上の人と知り合うことができるので、非常に刺激になります。
また、会社員ですと社内や取引先以外の人とあったりすることもなく、また、違う業種の方とも知り合いになることもあまりありませんが、こういう会ですと、いろいろな方がいますので、話をしていると知らないことばかり。非常に勉強になります。

とくに、懇親会という名の飲み会が非常に面白い。社内の宴会ですと悪口だとか噂話、あとは、ドウデモイイ内輪ネタが飲み会での大部分の話題かと思います。
技術士会の飲み会ですと、まず、自己紹介から始まり、なにをしているのか?という話になります。そこから技術系の話が飲み会のネタになります。聞いたことない話ばかりで非常に面白い。
たぶん、他の士業の飲み会も同じような感じかと思います。

もう一個入っているIT系の会は非常に活動が活発で、すごい人ばかりが集まっています。ITストラテジスト協会なのですが、どちらかというと技術というよりは、上流の話。経営戦略とIT戦略。そういう話系が多かったりするのですが、実態は、そういう仕事をしている人はごくわずかで、PM系やSE系(SEは日本だけの独自規格!)の人がかなり多く、まあ通常のシステム系の話なんかが多かったりします。もちろん、最新技術も話題になります。こちらはどちらかというと、資格の性格上、いわゆる文系の人も多くあまり突っ込んだ技術の話は出ませんが、自分にとっては未知の分野も多くためになります。

このように資格を持っているといろいろな会があるのですが、そこから、また違う会に誘われたりして、交流が広がることがままあります。

この度、また新たな会に参加させていただくことになり、またまた交流が広がっていきそうで楽しみです。

By utsubo